初心者の私が、気ままに…綴る 昆虫採集・飼育観察メモ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミシマコクワ 遅いエサ交換!
こんばんは。 この時期の天気って、やはり コロコロと 変わるモノ なんですね。(^^;)
昨晩は‥気温こそ良いけれど、私の地元では 雨がぱらついてしまい、両生類観察には・・・
良い天気でしたが・・地元な湿地性ゴミムシ観察には、不向きすぎて‥参りました。(汗)

次に‥晴れる のは、明後日 金曜日なので・・その前後に、今期初
地元での観察が出来れば良いな。。と思います。 お願いだから‥予報が当たって下さい

さて、種こそ 全く違えど‥同じコクワガタ繋がりで‥2年前の7月口永良部島にて、
運良く 自己採集する事が出来た ミシマコクワにおける 最後のエサ交換をやった(^^)/


過去の記事を見る限り 昨年11月後半辺りに‥200ccの菌糸カップ移して以来。
私情お仕事などが 色々と忙しくなってしまい、本来なら・・・
2月中旬にやらなければ‥いけなかった最後のエサ交換を、4月上旬にやりました。(^^;)
ミシマコクワ ズボラ飼育
かなりのズボラ飼育でしたので、ミシマの幼虫達は‥すっかりと成熟しきっていました。(笑)
この成熟した状態で‥新しい菌糸カップに投入するのは、かなり勿体ない気がする のですが・・・
先日あった むし社の春セールで、200cc菌糸カップを 幼虫数だけ買ってしまったので、
ミシマコクワ 今更のエサ交換
せっかくなので・・前蛹だった幼虫以外の 計12頭を、菌糸カップに投入です。(^^)
軽く雌雄判別してみましたが 幾ら3令幼虫とはいえ 1カップ返しのため、幼虫自体が小さく・・・
更に 幼虫が成熟しすぎて(笑)いて・・精巣が余り見えない(汗) ので、よく分かりませんでした。
ミシマコクワ ♂蛹 中歯
このエサ交換時に・・あえて交換しなかった 前蛹な幼虫が、先日 蛹化しました。
小さな幼虫の大きさから、これはかな?当初思っていましたが・・何と、でした(笑)
200ccカップ飼育とはいえ、流石に菌糸を 使っただけに‥意外と 歯型が良いですね(^^)

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

コクワいいですね~
ヤエコについでミシマコクワのエサ交換記事、コクワ好きには嬉しいです(笑)

我が家の地元産本土コクワも蛹室を作り始める個体が出てきました。

今年はハチジョウコクワWD、ヤクシマコクワWD、トカラコクワ、ヤエコ、ほとんど産まないリュウキュウコクワの産卵セットを組む予定なのでマルバネだけでなくコクワも大量になりそうです(^^)
pyonta | URL | 2016/04/14/Thu 08:35 [編集]
こんにちは~
コクワ...大好きですよ^^
韓国、八丈、奄美、本土とやってますが、将来的にはもっと増やしたいです(笑)
トカラやミシマ、トクノシマにヤエヤマ辺りが候補ですね。
外産ならフキヌキやカチンも気に成ります^^

確かに韓国産も本土産も菌糸カップの個体は皆長歯で羽化しましたね~

ムシきんぐ | URL | 2016/04/14/Thu 18:46 [編集]
こんばんは
菌糸飼育ですと200ccでもいい顎してますね^^

コクワは産地がたくさんあるので並べて
それぞれの特徴を比較してみたいですね^^
かっつ | URL | 2016/04/15/Fri 20:33 [編集]
pyonta さん こんばんは。^^
採集活動により、コメント返信が遅くなってしまい すいませんm(_ _)m

コクワガタは、何処でも居る普通種の1種 ですが・・・
離島や地域によっては、渋くかっこよくなるのが とても魅力的ですね。
国産種の多くが そろそろ蛹化する時期なので、採集と被って‥忙しそうです。(汗)

おぉ・・今年は、マルバネだけでなく、コクワガタも沢山 増えそうで、スゴイですね。
コクワガタ全般が マット産みだったら・・飼育が もっと簡単なのですが。。(^^;)
ティーノ | URL | 2016/04/18/Mon 01:40 [編集]
ムシきんぐ さん こんばんは。^^
採集活動により、コメント返信が遅くなってしまい すいませんm(_ _)m

おぉ・・今でも かなりの飼育種を備えている と思いますが・・・
更に、増やす予定なのですね。(爆) いやぁーほんと すごいです。(^^;)
まぁ、私も・・クワカブ以外のムシを 今季は‥3種やるので、変わらないかも?(爆)

コクワガタの仲間の幼虫は、本土コクワ クラスであれば・・・
200ccの菌糸カップ飼育でも それなりに見られるサイズに
簡単に育ってくれる辺りが、飼育する方にとっては 嬉しいですね(^^)
ティーノ | URL | 2016/04/18/Mon 01:45 [編集]
かっつさん こんばんは。^^
採集活動により、コメント返信が遅くなってしまい すいませんm(_ _)m

野外環境では‥その ほとんど小型から中歯が多くなるので、
例え200ccカップという狭い容器でも、大歯になる菌糸飼育というのは・・
本当に、すごいな。。と、コクワガタの飼育をしていると 毎回 思います。(笑)

こうした コクワガタの仲間は、ヒラタ や ノコギリの仲間ほど・・
地域により、大きな差が余り見られないのですが、コクワガタ各亜種や
亜種こそなっていないものの、かなりの特徴がある 紀伊大島。利島などは・・・
普通の本土コクワと合わせて 比較飼育すると、なかなか面白いかもです(^^)
ティーノ | URL | 2016/04/18/Mon 01:56 [編集]
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © しみじみ観察メモ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。