初心者の私が、気ままに…綴る 昆虫採集・飼育観察メモ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤエヤマノコギリ 蛹化開始!
こんばんは。 先日から・・お仕事が終わって 夕ご飯を食べてから、
地元の谷津田ゴミムシの夜間観察しに出かけておりますが、まだ夜間の気温が低く。。
例年よりも あまり活動していない印象強く受けるのですが・・気のせいかな?(^^;)

少なくとも、地元の谷津田で・・最初に繁殖期を迎える ヒメキベリが出ているので・・・
この調子で‥昼間だけで無く 夜間の方も‥気温が上がってきてくれると、嬉しい限りです。

さて、昨年6月に 遠征採集しに行った 西表島で・・・
運良く 自己採集する事ができた ヤエヤマノコギリも、一部の幼虫が蛹化しました(^^)/


昨年6月の西表島で・・産地違いで 運良く1♀ずつ採ることが出来た ヤエヤマノコギリ
久しぶりに様子を見てみたところ、最初に産卵確認できた 野外♀からの幼虫達の一部が・・
早くも蛹になっておりました。(笑) この幼虫は割り出し時から・・やや放置してしまった事もあり。
ヤエヤマノコギリ ♀蛹 カップ越しにて
この産地大型狙いでの飼育は、完全に次世代だな。。と思い、この産地に関しては・・・
全ての幼虫を 430ccで安全飼育していましたが‥こんな小さな容器であっても、
カップ越しから ♂蛹を眺めるに‥中歯♂羽化しそうな感じだった ので、意外にも・・
この系統は、大型になりやすい素質もしかしたら あるのかも? しれませんね。 (^^;)


もう1つの野外♀からの個体は、上記のヤエノコに比べて ケース底で採卵確認できたのが、
やや遅く。 幼虫がまだ小さな内から‥割り出せたこともあって 期待出来る幼虫達は・・・
800ccボトルマット飼育しておりますが、コチラは‥未だに 蛹化する気配がない。(汗)
ヤエヤマノコギリ 3令幼虫 ボトルにて
この幼虫の 体色を見る限りここから・・急激に成長することはない とは思いますが、
少なくとも、前産地の幼虫よりは 大きく育っているので コチラの産地からは・・・
野外でも‥ほぼ見る事がない とてもカッコイイ大歯型羽化するかも? しれません。(^^)

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © しみじみ観察メモ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。