FC2ブログ
初心者の私が、気ままに…綴る 昆虫採集・飼育観察メモ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MINAMIさん によるプレ企画 2016年
こんばんは。さてさて、いろいろなクワカブな飼育ブログを常に見ている皆さんなら・・・
すでにご存じかと思いますが・・MINAMIさんのブログにて、この時期恒例となった
夏の大規模なプレ企画をやるみたいなので、私も‥これに便乗(笑)して、
ささやかな協賛品 を 3つ出しましたので 今日の記事では‥協賛品を軽く紹介です(^^)/


第7回 MINAMIさん による、プレ企画 開催中

【協賛受付期間】
2016年 7月1日(金)~2016年 7月10日(日)まで

【応募受付期間】 第一回  ※応募は、協賛者様 限定
2016年 7月11日(月)~2016年 7月17日(日)まで

【応募受付期間】 第二回  どなたでも、参加できます
2016年 7月20日(水)~2016年 7月24日(日)まで

【当選 発表】 第一回
2016年 7月19日(火)

【当選 発表】 第二回
2016年 7月26日(火)


気になるプレ企画の詳細は・・・コチラ




私の協賛品 は・・以下の3種類の生体を、各1名様 です。(^^)


・自己採集 ダイトウヒラタ 新成虫ペア 
ダイトウヒラタ 里帰り♂ダイトウヒラタ 里帰り♀
【産地】 沖縄県 島尻郡 南大東村 ○○○産
【体長】 フリーサイズ
【累代】 F2
【羽化】 2016年 4月下旬 羽化


3年前の3月に 沖縄県の南大東島で運良く 自己採集する事ができた
ダイトウヒラタ野外幼虫を持ち帰って、そこから継続飼育している 新成虫ペアです。(^^)/
国産ヒラタとしては、最も小型の亜種で‥かなりの異彩を放つムシなので‥とてもお勧めです。
○○○の詳細産地については、当選者のみに…お知らせ致します。

※画像の写真は・・その種類における 参考画像 です。(^^;)


・自己採集 サキシマヒラタ 野外成虫ペア 
サキシマヒラタ 与那国島 バナトラその1与那国島 日本最西端の碑
【産地】 沖縄県 八重山郡 与那国町 ○○○産
【体長】 フリーサイズ
【累代】 WILD
【羽化】 2016年 6月26日採集 


今年6月下旬に 沖縄県の与那国島で運良く 自己採集する事ができた
サキシマヒラタにおける 野外成虫ペアです。(^^)/与那国島のサキシマヒラタは、
現地では‥普通種なのですが・・最近の市場では あまり流通しない貴重な産地だと思います。
なので、サキシマヒラタが 好きな方にとっては‥かなりお勧め出来ます(^^)

○○○の詳細産地については、当選者のみに…お知らせ致します。

※画像の写真は・・その種類における 参考画像 です。(^^;)


・自己採集 ヤエヤマノコギリ 新成虫ペア 
ヤエヤマノコギリ 新成虫♂ 羽化
【産地】 沖縄県 八重山郡 竹富町(西表島) ○○○産
【体長】 フリーサイズ
【累代】 WF1
【羽化】 2016年 5月下旬 羽化 


昨年6月中旬に 沖縄県の西表島で運良く 自己採集する事ができた
ヤエヤマノコギリにおける 野外♀を持ち帰って、そこからブリードした 新成虫ペアです。(^^)/
西表島における ヤエヤマノコギリは、真剣に本種を狙っても‥それほど 数が採れません。(汗)
ただ、採集とは裏腹に‥飼育その物は とても簡単な種類なので、かなりお勧めです(^^)

○○○の詳細産地については、当選者のみに…お知らせ致します。

※画像の写真は・・その種類における 参考画像 です。(^^;)


※千葉在住ですが・・クワガタ関連は、東京の実家にあるので 東京から発送致します。


以上。 個性溢れる 国産クワガタ達を 3種 を ささやかに協賛しております。(^^)
幸運にも 当選されましたら・・当選メールなどで、 ここのブログ見ています! 等の
とても嬉しい1言(泣)を 書いていただけましたら・・
ささやかなオマケ を お付けしますので、当選者の方は お気軽に・・どうぞ!(^^)/

なお、第一回目の応募に関しては…協賛者さま 限定となっているようなので・・ご注意下さいませ

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

ご協賛!!
ありがとうございました(^^)

貴重な自己採集品、素敵ですね♪
採集記も合わせて楽しめますからね。

今年も、楽しんでいただけたらと思います(^^)
MINAMI | URL | 2016/07/01/Fri 19:59 [編集]
MINAMIさん こんばんは。^^
お忙しい中、コメント ありがとうございます。 今年も、この季節がやって来ましたね。(^^)
とりあへず 現在の我が家では 外国産のムシは‥1種類しか居ないので、
自ずと こうしたプレ企画への協賛品は、渋い国産種のムシが中心となります(笑)

はい。 毎年・・国産種が好きな方の所に 里子されているので・・
今シーズンも 私以上に大切に育ててくれる方の所に里子出来ると嬉しい限りです。
ティーノ | URL | 2016/07/01/Fri 20:43 [編集]
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © しみじみ観察メモ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。