初心者の私が、気ままに…綴る 昆虫採集・飼育観察メモ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結局、分かりません。
今回の飼育記事を持ちまして 我が家の不明種ネタは・・ようやく一段落尽きます。(爆)
本日の飼育記事は、当ブログにて かなり出現率が高い ネブト属不明種のお話です。

この種は・・今から2ヶ月ほど前に、某オクにて 2令幼虫で購入した。(^^♪
その時の出品者曰く、2007年にボルネオ産のチェリフェルネブトの野外♀単品として、購入し、
数年間は…特に気にせず ボルネオ産 チェリフェルとして、ごく普通に ブリードしていたようだが、
しばらくして、世界のクワガタ大図鑑を見る機会に恵まれたようで、それを見てみると・・・
ボルネオ産 チェリフェルとは・・形が全く違う事に気づき、別種である事が判明したとの事であった。
それでは・・長くなりましたが、その不明ネブトの幼虫が羽化したので ご紹介です。(*^^)v
ネブトSP ボルネオ産 ♂ネブトSP ボルネオ産 ♀
本種は、23ミリ前後の小型種ですが・・意外と 特徴的な大アゴを持ち、非常に光沢が強いです。
自分も・・羽化しだい、有名な 国内の標本サイト海外の標本サイト で 散々調べましたが・・・
イマイチ、分かりませんでした。 ただ、自分で 調べてみた中で 一番近いと思う種類は・・
同じボルネオ島のサバ州に所属する バンギ島の特産種である、ルングシネブトでした。
ただ、この不明ネブトの詳細産地は・・サバ州の内陸部に位置しているので、距離及び地理的に・・・
このバンギ島は、考えにくく、良く観察して見ると…ルングシネブトに比較して、この不明種は、
大アゴが太短く 頭のでっぱりが弱く、内歯がタテヅノ になるので、形状が微妙に違います。
なので この不明種は ルングシでも ないかも? というのが・・現在のマイ結論です。

さて、何はともあれ なかなか出回る事が少ない 貴重な不明ネブトを運よく 入手できたので、
これを絶やす事がないように・・真剣にブリードしていきたいと思います。(*^^)v
プリンカップ採卵セット
「ケース」…プリン特大 「材」…なし 「マット」…赤枯れ 「環境」…水分 多め 25度。
おそらく、本種の飼育難易度は・・チェリフェルと同様に かなり低いと思われるが・・・
同じく光沢が強い アッチョスネブトが赤枯れを好む事から、本種にも赤枯れを用いてみた。
とりあへず、外産ネブトが好きな方に・・配れるぐらいまで、沢山増えて欲しい所ですね!(*^^)v

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2009/05/27/Wed 13:43 [編集]
内緒さん こんばんは。
おぉ・・そうでしたか。 と言う事は、あの方のとコレは 同系統なんですね。
わざわざ、事の裏側の情報まで・・どうもです。(*^^)v それにしても・・・
ブリード物であるからの、その様な曰くもあるんですね。 今後気をつけねば。(^_^;)
はい。 6月中旬以降に 休みが取れ次第・・必ず、聖地(メッカ)に伺いますので、
その時は、へっぽこな自分ですが・・お手柔らかに宜しくお願い致します。m(__)m
わざわざのご親切、ありがとうございます。こちらも・・某クワだけでなく、
シークレットサービスを用いてとある幼虫を、差し上げますので・・宜しくです。
こちらも・・環境が整い次第 前回のお取引のメールを用いて、ご連絡いたしますね!
ティーノ | URL | 2009/05/27/Wed 19:29 [編集]
こんにちは
昨日はお店でありがとうございました
早速ブログ拝見させていただいてます
やはりディープですね(^-^)/
また覗きに来ま~す
銀翼 | URL | 2009/05/27/Wed 20:05 [編集]
銀翼さん こんばんは。
いらっしゃいませ~ ようこそ、奇天烈なムー大陸へ!(爆)
いえいえ、こんなマイナーな世界に 興味を持っていただき、ありがとうございました。
ディープに感じましたか? 自分の遥か上のレベルが いますので ご安心くださいませ。
また、暇な時にでも・・是非、遊びに来てくださいね。 お待ちしております。(*^^)v
ティーノ | URL | 2009/05/27/Wed 20:49 [編集]
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © しみじみ観察メモ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。