FC2ブログ
初心者の私が、気ままに…綴る 昆虫採集・飼育観察メモ

意外と・・デカイ!
現在、自分は・・草津温泉に浸かり、雑多な日々を忘れ ぬくぬく 過ごしております。(*^^)v
この ぬくぬく の後には・・東京の自宅に帰らずに、PC環境が全くない実家に向かいます。
久しぶりの予約投稿なので、この記事がしっかりアップされているかどうか分かりませんが・・・
コメ返し と ブログ更新は・・16日以降になりますので、今しばらくお待ちくださいませ。m(__)m
さて、未だに…記事をアップしていなかった飼育種である、ウッドフォードネブトの紹介です。

ウッドフォードネブトは・・現在、流通している飼育品の外産ネブトの中でも、
なぜか 比較的 人気がある外産ネブトのようで、飼育品ならば…直ぐに売切れてしまうようです。
数年前までは、ソロモン諸島という 産地柄 そこそこ高額で取引されていた外産ネブトですが・・・
ネブトにしては ブリードがそれほど難しくなかった事と、今季 再び野外品が入荷した事により、
最近は 今まで以上に・・よりリーズナブルな価格で入手できるようになった感じがします。
それでも…他の外産ネブトにおける飼育品と比較すると、産地柄 やや高いですが。。。
ちなみに、我が家には・・お二方から、譲ってもらった2系統のウッドフォードがいます。


ウッドフォードネブト ソロモン諸島 ラノンガ島産 たけろうさん系統
ウッドフォードネブト 3令♂ウッドフォードネブト 3令♀
こちらの系統は・・今から3ヶ月ほど前に、たけろうさんのご自宅に遊びに行った際に・・
ウッドフォードの2令幼虫ペアを、来宅記念として 譲ってもらった大切な系統となります。
当初 本種は30ミリ前後の外産ネブトだろうと思い、250ccカップで飼育していましたが、
♂の3令幼虫が、予想以上に・・大きくなってしまった(幼虫時の最大体重が7g)ので、
最終的に本種の♂は・・プンク同様のミニケースでの単独飼育する事になりました。(^_^;)
ウッドフォードネブト 繭玉
現在では・・雌雄共に、繭玉になりました。 意外と大きいので 羽化するのが非常に楽しみです。


ウッドフォードネブト ソロモン諸島 ラノンガ島産 ブルードラゴンさん系統
こちらの系統は・・名古屋でのネブト採集する際にお世話になった ブルードラゴンさんから、
ウッドフォードの初令 数頭を、来名記念として 譲ってもらった大切な系統となります。
この系統の幼虫写真は・・自身の多忙により、未だに撮影できておりませんが・・
カップ壁面から見る限り、現在では全ての個体が 早くも…3令幼虫の初期になったようです。
この系統のウッドフォードネブトも・・無事に羽化するのが 非常に楽しみです。(*^^)v


後々・・知った事であるが、ウッドフォードは 最大40ミリを超える大型ネブトだったようです。
いや~、国内外のネブト好きとはいえ そこまでの詳細は・・全く知りませんでした。(^_^;)
例え大きくなっても・・本種は、アマミネブト(37ミリ)クラスのネブトだと、思っていました。
とりあへず、ウッドフォードは・・短歯型のアルキデスの如く 横幅が出る外産ネブトなので、
今後は・・40ミリ以上の個体を羽化させる事を、目標に飼育していきたいですね。
改めて、本種を譲って頂いた お二方のブリーダーさんに・・大変感謝いたします。m(__)m

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

こんにちは^^
皆さんこの時期はいろいろとお忙しいようですね^^
お盆ですか? ちなみに私たちは9月辺りです。

結構大きくなるんですね~
無事羽化してくれると良いですね^^;
mattuky | URL | 2009/08/10/Mon 17:42 [編集]
mattukyさん こんにちは。
返信が かなり遅れてしまい、すいません。m(__)m
この時期は・・お盆だけでなく 採集もあるので色々と どたばたして忙しいですね。
そちらの沖縄では・・8月で無く 9月にお盆を行うのですね。 意外でした。(汗)
本種は、大きくなる外産ネブトだと思いますので、本種で大型個体が羽化する事を願います。
ティーノ | URL | 2009/08/19/Wed 08:44 [編集]
こんにちは!
ウッドフォードは活動までが意外に長いので、そこで落とさない様に注意してくださいね!
最初から、あまり糖度の高いエサをやると良くないみたいです。
同じ産地だから血の入れ替えの心配も無いですね!
ブルードラゴン | URL | 2009/08/20/Thu 15:29 [編集]
ブルードラゴンさん こんにちは。
返信が かなり遅れてしまい、すいません。m(__)m
ウッドフォードは、活動するまでの期間が意外と長いのですね。 了解です!
いつもながら・・素晴らしい助言をありがとうございます。(*^^)v
残念ながら・・・繭玉♂がお亡くなりになってしまいましたが・・♀が健在ですので、
ギリギリ血の入れ替えが出来るかと思いますので、地道に頑張ります。
ティーノ | URL | 2009/08/28/Fri 09:36 [編集]
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © しみじみ観察メモ. all rights reserved.